遊びは文化☆エンターテインメント研究会blog通信

ムービー&シネマ情報通信 © Hasids Corporation



プロフィール

ハーシード社

Author:ハーシード社
 このブログ(ウェブログ=weblog)は、ハーシード社メディア事業部により管理運営されています。主に映画のレビュー、記者会見、プレミア情報を発信しています。また玩具や各種メディア、TV情報など娯楽コンテンツ全般を扱っています。
MOVIE FAN Blog Key words: Transformers DVD TOY TOYS GAME NINTENDO SONY PS PS2 PS3 wii comics comic PSX PSP DS PlayStation PC WIN WINDOWS MAC Orion Pax TF Hasbro TAKARA TOMY USA JAPAN JAPANESE ANIME AMERICA AMERICAN MOVIE Animation MANGA SF ACTION ebay G.I. JOE SF TRANSFORMERS Evil Decepticons TERNATORS Heroic AutobotsAL Mini Vehicles CD VHS SACD HD-DVD HDDVD Dinobots Protectobots TRANSFORMERS The Rebirth Maximals Predacons Beast Wars Beastwars Blu-ray Disc Bluray Disc GAME GAMES HDTV HD-TV NECA OTAKU ROBOT COOL PC WINDOWS MAC STARWARS STAR WARS LEGO New Battle TV USB The Terminator T2 T3 T1 T800 T-800 T-1000 T1000 T-850 T850 TX X-BOX Xbox T-X THX ALIENS Alian 2 Alian II Blade Runner

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます Copyright © Hasids Corporation

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告

マイ・ファーザー/MY FATHER (2003)

2005/06/28(火) 23:43:10





この記事の続きを読む…
スポンサーサイト
洋画:ドラマTB:0CM:0

あした元気にな~れ! ~半分のさつまいも~ (2005)

2005/06/28(火) 23:41:37

戦後60年、戦争を知らない世代へ確かに伝えられた原作者、海老原香葉子からの熱いメッセージ。
実写映像で現代の東京の繁栄を、アニメーションで数十年前にはB-29の大編隊が焼夷弾の雨を降らせた夜があった、とこの映画は見せる。
家族を失った、かよ子の心の支えは、死んでいった家族。そして母の言葉だった。
戦後の混乱期に、浅草の闇市でたくましく生きる戦争孤児たちを通して、平和の大切さ、戦争の愚かさ、を描く。
語り吉永小百合、上戸彩が主人公の声を演じる。国内外で活躍する一流のスタッフを配し、命の尊さ、人の愛の気高さを謳いあげた。
「さつまいも」が何故、半分なのか。その事を知ったとき、涙が流れ出る。
長編アニメーション映画・戦後60年記念作品。
平和への願いを込めて、7月よりロードショー。


あした元気にな~れ! ~半分のさつまいも~
■スタッフ
原作:海老名香葉子「半分のさつまいも」
企画・総監督:中田新一
監督:竹内啓雄 劇場版『ジャングル大帝』
脚本:中田新一、竹内啓雄
キャラクターデザイン・総作画監督:湖川友謙『伝説巨神イデオン』
美術監督:松宮正純
音楽:川崎真弘
アニメーション制作:AYCO
製作:「あした元気にな~れ!」製作委員会
   サクセスロード、ルートピクチャーズ
配給:「あした元気にな~れ!」全国配給委員会

■キャスト
語り:吉永小百合
中根かよ子:上戸彩
中根喜三郎:うえだゆうじ
島本達吉:山口勝平
復員兵:森川智之
父ちゃん:林家正蔵
大兄ちゃん:林家いっ平

※1991年にアニメ映画化された「うしろの正面だあれ」の続編にあたるが独立したストーリである。


アニメTB:0CM:0

シンデレラマン/Cinderella Man (2005)

2005/06/12(日) 04:47:16

愛する者の為に、そして自分自身の為に戦うボクサーの物語。
大恐慌の時代、ニューヨークを舞台に、そこで生きる人々に希望を与えたジミー。
一度はライセンスを剥奪された彼だが、人の運命の数奇さをロン・ハワード監督が見事に映像化。ラジオの実況中継を巧に使用した、迫力あるファイティングシーン。家族と過ごす父親の姿、その優しく強いジミーに観客は声援を送らずにはいられない。
チャンスをいかし、カムバックを果たした彼を、人は「シンデレラマン」と呼ぶ。
人は父親を懐かしみ、家族や友人への愛を思いだす。
アメリカの精神を家族の絆を通して描いた、幸せを手に入れる為に“闘う”男のドラマ。
実在した伝説のボクサー、ジム・ブラドックをラッセル・クロウが白熱の演技で見せる。
2005年アメリカ映画。
あの時代を投影するヒーロー、その戦いのゴングは9月全国のロードショーで鳴り響く。


シンデレラマン/Cinderella Man
監督:ロン・ハワード
製作総指揮:トッド・ハロウェル
製作:ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、ペニー・マーシャル
脚本:アキヴァ・ゴールズマン、クリフ・ホリングワース
出演者:ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー、ポール・ジャマッティ
音楽:トーマス・ニューマン
撮影:サルヴァトーレ・トチノ
編集:マイク・ヒル、ダニエル・P・ハンリー
公開:2005年6月3日(米国)、2005年9月17日(日本)
上映時間:144分
製作国:アメリカ
言語:英語
制作費:$88,000,000



洋画:ドラマTB:0CM:0
ホーム全記事一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 遊びは文化☆エンターテインメント研究会blog通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。